何より生き残ることが第一。

FXトレードの勝ち方について初心者が勘違いしがちな2つのこと。

初心者によくある勘違い

FXトレードの初心者、それからトレードで勝てないでいる人、そして「FXトレードなんて博打だ」みたいなことを言う人。 そういう人たちのほとんどには、次のような共通した“勘違い”があります。

  • FXトレードで勝っている人たちには何か他の人が知らない手法がある
  • エントリーポイントを示してくれる神インジケーターが何かあるのではないか

勘違いと言うとちょっと失礼な感じもするので言い換えるなら「実はそうじゃないこと」とでも言ったらいいでしょうか。

特に初心者のうちは右も左も分からない状態から始まるので「何かすごい勝率の高い手法があるのでは?」とか考えるのも自然なことだと思います。むしろそういう可能性も考慮して幅広く研究するのが研究の仕方としては正解でしょう。

ただ、そのまま時間が経ってもずっと手法探しやインジケーターいじくり回しの旅をし続けてしまえば、トレード歴が長くなってもいつまでも「何か勝てる手法があるはず……」「何かすごいインジケーターがあるはず……」と考えてしまうみたいです。

そんな“実はそうじゃないこと”に幻想を持ち続けてしまっている状態からは一日も早く脱するべきです。

「じゃあ何を根拠にトレードすればいいんだ?」

という声も聞こえてきそうですが、結局どこまで行っても最終的に重要なのは『相場観』です。

勝ててる人が実際にどういうトレードをしているのかを知れる機会というのもそう無いと思うので、勝ち組トレーダーの実際のトレードの思考過程をざっくり説明すると大体次のような感じになります。(デイトレードの場合!)

  1. 上位足で全体の方向感や節目、狙いどころを確認する
  2. 狙う方向と狙いどころを明確にし、そこまで値が来るのを待つ
  3. 狙いどころまで値が来たら、その水準での値動きを見守る
  4. 何かしらのトリガーを根拠にいざエントリーする

『上位足で全体の方向感や節目、狙いどころを確認する』
これはまさに相場観です。ただここでインジケーターを参考にする人もいます。方向感を移動平均線などの情報を元に見たりする場合です。でもほとんど相場観と言っていい分析でしょう。

『狙う方向と狙いどころを明確にし、そこまで値が来るのを待つ』
チャートを見ていれば節目や狙いどころなんていくらでも可能性が見えてきます。その無数に存在する可能性の中から、自分の相場観に照らしてどこに狙いを定めるかを決めます。そして狙いを定めたら、それ以外の“可能性”は潔く手放します。

『狙いどころまで値が来たら、その水準での値動きを見守る』
狙いどころとは、言い換えれば「転換点」です。値動きの短期的な流れが転換しそうだと読んだところです。そしてそこまで値が到達したら、そこで実際に転換を示唆する動きがあるかどうかを見守ります。ただしここは場合によっては見守ることをせずに逆張りですぐエントリーしてしまうこともあります。その判断も相場観に拠ります。

『何かしらのトリガーを根拠にいざエントリーする』
人それぞれ、最後の最後に「ここ!」というエントリーのタイミングを決める根拠があります。その根拠が成立したらエントリーします。この「根拠の成立」も、相場観次第で具体的なところは毎回微妙に違ったりすることもあります。

ざっくり言うと以上の流れですが、この流れのどの段階においても常に何より重要なのは自分の“相場観”になります。

細かいところでは人それぞれ考え方によっていわゆる手法と言われるようなタイプの何かを見ていたりはします。ローソク足シグナルやチャートパターン、何かしらのインジケーターの数値とか。でも決してそれが全てではないし、それを中心軸に据えているわけではありません。

あくまで中心には相場観があって、その相場観を補ったり細かなタイミングを見定めたりする上での一つの参考情報としての「手法的な何か」や「インジケーターが示す情報」があるだけです。

この違い、初心者や経験が浅い人にはちょっと理解が難しいかもしれませんが、とにかく言いたいことは簡単です。

「手法だけでどうにかなるもんじゃない」
ましてや
「インジケーター頼みで勝ち続けられるわけがない」

手法やインジケーター次第で勝てるのであれば、1日の全体の平均取引量が500兆円を超えるFX市場に参加していればものの数日で世界一の金持ちにもなれちゃうはずです。

でも現実にはそんな話は全く聞こえてきません。なぜか。それは手法やインジケーターだけで勝ち続けられる世界ではないからです。相場観という微妙な、ある種感覚的なものも含めた、経験や情熱がものを言う部分がトレードの重要な部分を占めているからです。

この手の「手法が大事なんじゃない」という話は、その言わんとすることを正確に理解できるまでには多少の経験が必要になるかと思います。 なのでもし今は腑に落ちない感じがしても、またいつか思い出したときにはそこで改めてじっくり考えてみてください。きっと相場の見え方が違ってきます。

「相場観」という用語が分かりづらければ「考え方」と思って読み直してみてください。きっと感覚的に理解しやすくなると思います。

初心者によくある勘違い
日本のFXトレーダーに最も使われている海外口座XMが今、全員受け取れる50万円までの入金ボーナスを実施しています。

FX取引口座を開設・ボーナス詳細を見る

口座入金額に対し100%のボーナスが、最大50万円まで付与されます。(例:口座に30万円入金したら資金が60万円になる。50万円入金したら資金が100万円になる)
日本人トレーダーにとって一番信頼と実績のある海外証券会社のこんな大盤振る舞いのプロモーション、お勧めです。

フォローする
成城FX

コメント

タイトルとURLをコピーしました