何より生き残ることが第一。

「FXって投資なの?」…その疑問自体が危険。投資を儲かるものと思い込みすぎ

初心者によくある勘違い

「FXなんて投資じゃない」
「FXなんてギャンブルだ」

そう考えている人は個人投資家の中にも世間的にも結構います。株しかやらない個人投資家の方なら大半の人がそう考えているかもしれません。

そういう人の特徴の一つに、一度はFXに興味を持ってみたことがあるものの、あまりにランダムに感じられる値動きに「こんな値動き読めるわけねーじゃん!」と“挫折”している経験のある場合が多い印象です。

自分には読めないからって、それを「=こんなの丁半博打と同じだ」と。

別に本人がそう思って株なり何なりに専念するほうが幸福につながりやすいのであればそれはその人にとっては正解以外の何ものでもないと思いますが。ただ世の中の普遍的な真実かのように言うのは無理があります。

そもそもどんな投資も、必ず値上がりすること(または利益の獲得)が約束されているものなんて通常あり得ません。

株だって、自分の分析の結果「これは利益の獲得が期待できる」と判断できたものに対して、損失を被る可能性も覚悟してお金を投じるわけです。

……それって、FXのトレードと何が違うんでしょうか?

原理的に何も違わないのに、ただ自分が読める気がするものとそうでないものとで投資であるか否かの区別を勝手につけているだけの話です。

現実問題、あるアンケート調査ではこんな驚きの実態が明らかになっています▼

株式投資で「儲けた人」と「損した人」は、どちらが多い!? 2018年の運用成績や買って儲けた株&損した株など、悲喜こもごもの個人投資家アンケートを公開
ダイヤモンド・ザイ読者に聞いた、”2018年の投資成績”のアンケート結果を大公開! 発売中のダイヤモンド・ザイ4月号の特集「まだ持つ? もう売る? 値下がり株をメッタ斬り!」では、ダイヤモンド・ザイ読者に聞いた、2018年の投資成績のアンケート結果を公開! 2018年に株で利益が出たのか、損をしたのか。どんな株で儲けた...

「FXって投資なの?」という質問をするような人は、投資というものは儲かるものだと思い込み過ぎている可能性が高いです。

たとえば銀行が勧めてくる投資信託とか、そういう通常なら絶対に手を出してはいけないものに大事なお金を投じて銀行を支えてあげているのは、もしかしたら「FXって投資なの?」という疑問を抱くタイプの人なのではないでしょうか。

投資なら安心だ。しかも勧めてきているのは銀行なんだから、大丈夫だろう。

個人的にはまったくもって意味不明な解釈なんですが、でも現実にはこういう考え方をする人が世の中の大多数を占めているということも理解しています。また大多数がそうであれば、それで損失を被ろうと世間的には「騙された」ということにはならないので、なかなかいつまでもその考え方が見直される機会は訪れづらいものでもあります。

「投資」とか「銀行」というワードだけで何かを判断する、…のも長い人生の中であれこれ判断を簡潔に行うためには一つの手かもしれませんが、こと自分の大事な貯金を投じる場面では、そういう簡素化した判断手法を適用させるのはあまりに危険すぎます。

投資ってそもそもどういうことか?
銀行はこの低金利下でどうやって経費を賄っているのか?

そういうことを考えれば投資だの銀行だののワードだけで何かを信用するとか判断するとかいうことは決してできないはずです。

結局のところ、FXが投資なのかそうでないのかなんて、そんなことどうでもいいことです。

原理を考えれば、儲かる見込みのあるところにBET(賭け)する。そのことに何ら他との違いはありません。

そんなことはたとえば学生の就活でも同じです。どこに就職するかで将来の見込み賃金も何もかもあらゆることに影響をもたらすけれど、その影響をすべて事前に正確に把握することなんて到底不可能で、入ってみなきゃわからない部分がかなりを占めています。

安パイだと思って入った会社で直属の上司との折り合いが合わなくて気を病む可能性だってあります。絶対に儲かると思って購入した株だって何か想定外の事柄で急に暴落する可能性も常に秘めています。

誰もが就職したがる人気企業なんて採用されることがそもそも難しいし、いざ採用されても狭き門をくぐってきた優秀な同僚たちと机を並べて何十年と働き続けることはそれはそれで楽なものじゃないです。

誰もが“買い”だと思う株銘柄も、そんなものは既に値が高くなっているものだから取得コストがかかるし、やっと買えたと思っても値動きがそんなに大きくないから利益を得るのもそう簡単なことではなかったりします。

じゃあもっと値動きの大きい、まだ注目されていない銘柄を探せばいいのかというと、それはそれでそういう銘柄に資金を投じることには相応のリスクが生じます。

…結局それ、FXの難しさと何が違うんでしょうか。

対象がFXなのか株なのか不動産なのか、そしてそれが一般的に投資と呼ばれるものなのかどうかなんて、そんなことどうでもいいことです。大事なのは、自分が利益を獲得できそうと判断できるかどうか。それだけが自分が手を出すか否かの判断基準であるべきです。世間的にどうカテゴライズされているかなんて自分の利益に何も関係ありません。

「FXって投資なのかな?」なんてくだらない考えは止めて、FXで自分は利益を獲得できそうかどうか、それだけに集中して勉強してみてはと思います。

こうしたら勝てるんじゃないか? という何かを見出すことができたらそのときはFXをやってみればいいし、そういう何かが見えてこないようであれば他のことで利益の獲得を目指していけばいいだけの話です。

「投資=儲かる」と思い込んでいる人はアコギな商売をしている人や組織にとってのいい鴨でしかないですよ。自分の中に利益獲得の見込みがあるかどうか、それが全てです。

初心者によくある勘違い
日本のFXトレーダーに最も使われている海外口座XMが今、全員受け取れる50万円までの入金ボーナスを実施しています。

FX取引口座を開設・ボーナス詳細を見る

口座入金額に対し100%のボーナスが、最大50万円まで付与されます。(例:口座に30万円入金したら資金が60万円になる。50万円入金したら資金が100万円になる)
日本人トレーダーにとって一番信頼と実績のある海外証券会社のこんな大盤振る舞いのプロモーション、お勧めです。

フォローする
成城FX

コメント

タイトルとURLをコピーしました