何より生き残ることが第一。

FXはギャンブルなのか?

初心者によくある勘違い

FXはなぜか他の投資商品と違って「ギャンブルだ」と言われることが多いように感じます。たとえば同じデイトレードでも、株取引ならあまりギャンブル的な見方はされない気がしますが、FXだとギャンブル的なことをしているかのように見られがちです。

なぜなのか?

おそらく、多くの人にとってはFXトレードの勝ち方があまりにナゾだからなんじゃないでしょうか。

たとえば株であれば、長期的に見て値上がりする銘柄は値上がりするだけの理由が分かるような気がします。でもFXはそう単純じゃありません。

日本が景気が良いから円高になるのかと言えばそう簡単な話ではないし、逆に日本が景気低迷していようと円高方向に動いたりもします。

とにかく複雑です。FXの値動きの背景というのは。

なのでよく分かっていないうちからまとまった資金を投じてトレードを始めてしまうと、まあ大抵の人は大きく資金を溶かすことになると思います。株式市場と違って、世界中のトレーダーがしのぎを削っている土俵にいきなり素人が上がったところで、カモにされるのは当然のことです。

でもだからって、それでFXのことを何か卑しいものかのように言うのはどうなんでしょう。実際問題、FXトレードで飯を食っている人は大勢いるし、儲けている人や組織はバンバン儲けています。

FXで儲けられる人と儲けられない人の違いは、単にトレードの技術力の差でしかありません。株取引のように何か“情報”とか、そういうもので勝てるものでもないし、資金の大きい人が相場を動かせるレベルの市場でもないし。

逆に言うとこんな公平なお金儲けの“場”なんて、世の中に他にあるんでしょうか? 僕には他に想像がつきません。カジノや宝くじみたく胴元がいるわけでもないし。

何をもってギャンブルと定義するか、突き詰めて考えていくとなかなか難しい話です。

ただFXのことをギャンブル呼ばわり(別にギャンブルと言われても個人的には全く平気なのですが)する人は決してそんなギャンブルの定義みたいな深いところまで考えては言っていないと思います。

つまり、FXで稼ぐことを諦める自分の考えなり判断なりを正当化するために「ギャンブル」という単語を都合よく使っているだけなのでしょう。

株やその他の投資商品に比べ、FXというのは上手くいけば資金が増えるスピードはずば抜けています。なので多くの人の目に魅力的に映ります。魅力的であるからこそ、そこから利益を獲得することができない人たちからは不当に罵られるのでしょう。

もしFXの勉強を始めてみて「やっぱりFXはギャンブルみたいなものだ」と思うようなら、その場合はFXをやらない方がいいでしょう。逆にもし可能性を感じるのであれば、その場合は勉強を継続してみてください。

世の中には「ギャンブラー」として生きている人もそこそこの人数います。正直なところ、FXがもしギャンブルだとして、だから何なの?という話です。それで稼げるならそれで良いじゃん、というだけの話です。

ギャンブルで勝てる人は、ギャンブルを丁半博打のようには考えていません。そのルールを理解して統計的な確率論で、「こうしたら勝てる」という理論が見えたら資金を投じる、それが見えないようなら手を出さない。ただそれだけの話であって、ギャンブルだからどうということは一切ありません。

だから「FXなんてギャンブルだ」とか「ギャンブルなんてやるべきでない」と思う人は、そもそも論理的に考えることが向いていないのかもしれないので、FXには手を出さずに他の分かりやすい投資商品を勉強した方が良いのかもしれません。

FXをギャンブルだと言う人は、起業もギャンブルに感じるんじゃないでしょうか。そういうタイプの人はそういう自分に合った何かを探した方が良いのかもしれません。

初心者によくある勘違い
日本のFXトレーダーに最も使われている海外口座XMが今、全員受け取れる50万円までの入金ボーナスを実施しています。

FX取引口座を開設・ボーナス詳細を見る

口座入金額に対し100%のボーナスが、最大50万円まで付与されます。(例:口座に30万円入金したら資金が60万円になる。50万円入金したら資金が100万円になる)
日本人トレーダーにとって一番信頼と実績のある海外証券会社のこんな大盤振る舞いのプロモーション、お勧めです。

フォローする
成城FX

コメント

タイトルとURLをコピーしました