何より生き残ることが第一。

【こんなトレードは危険】たくさんのいいね!が付いてるツイートを見て注意喚起したくなった

トレードの話

今日、驚愕のツイートを目にしました。あまりに驚きだったので、ここで初心者トレーダー向けに紹介&解説してみようと思います。

こういうトレード方法を絶対真似しちゃダメだよ!という注意喚起です。

その驚いたツイートとはこちら▼

危険なトレードの考え方

別にこの人が自分のトレードの仕方としてこういう考え方をしているのは「いろんな人がいるなぁ」程度にしか思わないのですが、問題なのはいいね!やリツイートの多さ。

これにいいね!が884件も付いてるなんて、どういうことなのか。みんなこんなやり方でトレードしてんの?そりゃ上手くいく人が少ないのも納得だわ…、と。

もちろん僕のトレードの仕方や考え方が正解だとか絶対的なものだとかとはさらさら思っていませんが、それにしてもこれはヤバいだろと。

以下、なぜそう思うのかを一つ一つ説明していきますので、もしこのツイート内容に違和感を感じない初心者トレーダーさんはそれぞれ自分で考えてみてください。僕の言うことが絶対ではないので自分の納得できる考え方を構築する一助としてください。

※おすすめ海外証券会社のFXウェブセミナー(無料)⇛XMウェビナー


1.中途半端な所でポジションは取らない。

“中途半端”とは何を基準にそう判断するのか?曖昧すぎて何のルールにもなっていません。

また、出ている方向感に従ってトレードする場合は必ず“中途半端”な位置でのエントリーになってしまいます。それを否定するのであれば逆に「え、常に天底を狙うってこと??」という驚きしかありません。

もちろん人によっては常に天底を狙うトレードだけに絞ってトレードしていく考え方もあるとは思います。そういう方法論や考え方を否定的に見るつもりはありません。でもそんなトレード方法はあくまで一部の人がやる特殊なトレード方法であって、多くの人からいいね!をもらえるようなタイプのトレードでは決してありません。


2.ポジション取は躊躇なくスパッと入る。

これは「私には明確なトレード手法はありません」と宣言しているようなものです。

これもまた世の中には天才肌の、感覚だけでトレードできてしまうような人もいることにはいるので、トレード手法が明確に確立できていないからって絶対に上手くいかないというわけではありません。

でも、そんなのあくまで特殊なトレードなんです。多くの人が共感するようなトレード手法では絶対にないんです。

通常は、自分の手法に従ってエントリーポイントではエントリーするし、損切りポイントでは損切りするし、躊躇とかそんなものが入り込む余地はないはずなんです。


3.自信がない所ではポジションを軽くする。

これは何を言っているのか意味が分からないです。自信がないところでなぜエントリーするのか??意味不明です。

ポジションを軽くするでは足りません。見送りましょう、自信がないところは。


4.お試しポジションを作る。

こういうのが続くあたり、手法がちゃんと確立できていないんだろうなというのがよく分かります。FXの良さを自ら殺しているようにしか思えません。

FXの良さって「ロットを張れること」にあります。どこまで行ってもこれこそがFX最大の魅力です。それなのにこういう「お試し」とか考えていると、その最大の魅力を自ら削ってしまうことになります。

上がるか下がるかの二通りだけなので「試しにここで入ってみようか…」という気持ちになることも重々理解できます。でもそういうスケベ心を殺して狙い澄ましたポイントでガツンと取るからFXが魅力的なものになるのであって、細々お試し感覚でBETしていくならその資金を米国株投資にでも回した方が安全で確実なんじゃないのかな?という感じです。

お試しでポジションを取ってみたいと思う瞬間があったら、自分のトレード手法の土台がまだグラついていることの証だと考えて一旦相場から離れましょう。得られるかもしれない利益にヨダレが垂れてチャートの前から離れられないようじゃ、早晩そのスケベ心の代償を払わされる時が来ます。


5.難平は必須項目。

これは手法の違いとしか言えませんが…、僕は難平はしませんし人にも勧められません。

難平をする手法は、負ける時には大きく負けます。僕は個人的にトレーダーの技量は『損切りが小さく安定していること』に現れると考えているので、難平は選択肢として考えられません。


6.難平は深く取る。

難平そのものは手法の違いということで済ませられますが、この「深く取る」という考え方が伴うとなるとまた話が違ってきます。すごく危険です。

要するに「運任せでトレードしてます宣言」に他なりません。

戦略的でも何でもない、深く逆方向に伸びたところで難平すればさすがに大丈夫だろう、値はいくらか戻すだろうという、偶然任せ運任せの難平です。

そんな運任せの難平をしていても大概の場面では助かるでしょう。そうそう一方に値が伸び続けて誰も想定できていなかった価格水準にまで到達するなんてこと起きませんから。

でも、滅多になくても、たった1回そういう場面に遭遇したら、それだけで全部終了です。それまで長い時間かけてコツコツ積み上げてきた資金は、たった1回の想定外の大きな動きで全部パーになってしまいます。


7.浅い難平は命取り。

浅い難平がダメということは、狙いどころがいまいち定まっていないということでしょうか。ナゾです。何を根拠にエントリーをしているんでしょうか。


8.利益が出たら即決済。

普段、難平難平の繰り返しで含み損に耐えてる時間が長いトレードをしているんだろうことを想像させるルールです。

一般的には、利確にも手法としての何らかのルールを用います。利益が出たら急いで決済なんてことをしていたら、そのトレードはただただ資金をリスクにさらしただけです。今回は大丈夫でも、何度も繰り返していればいずれそのリスクの不利益を被る日が来ることでしょう。

………

以上になります。

これを読んだ初心者の方は、なるべく難平はしないで済むトレード手法を構築してみてください。そして損切り幅を常に小さく抑えられるよう、いろいろ工夫してみてください。

また自信がないところ、よく分からないところでは、エントリーなどせずにチャートを凝視して勉強して、次につなげてください。FXはコインゲームじゃないです、生活費を稼ぐ取引です。自信を持てないところで手を出すようなことは止めましょう。

「大多数の個人トレーダーは手法が定まっていない」と聞いたことがあります。聞いた時はまさかそんなわけ!と思っていたけど、どうやら本当にそうっぽいですね。…みんな本気でやってるのかな???

トレードの話
日本のFXトレーダーに最も使われている海外口座XMが今、全員受け取れる50万円までの入金ボーナスを実施しています。

FX取引口座を開設・ボーナス詳細を見る

口座入金額に対し100%のボーナスが、最大50万円まで付与されます。(例:口座に30万円入金したら資金が60万円になる。50万円入金したら資金が100万円になる)
日本人トレーダーにとって一番信頼と実績のある海外証券会社のこんな大盤振る舞いのプロモーション、お勧めです。

フォローする
成城FX

コメント

タイトルとURLをコピーしました