何より生き残ることが第一。

自動ブレーキ性能の現実……夜間は一切機能せず、昼間でもほとんど歩行者に衝突

その他の話題

自動ブレーキの歩行者検知テストをトヨタ車とホンダ車、テスラ車、シボレー車の4台でテストしたところ、僕らの期待を遥かに下回る衝撃の結果となったようです。

「自動運転車なんてまだまだ当分ムリ」という話は聞いたことありますが、まさか自動ブレーキ性能一つとってもこれほどアテにならないレベルの性能にしか達していなかったとは。 世間の期待感だけが先行してしまっていて実際の開発は全然まだ初期段階だったんですね。

テスラなんて先進的なテクノロジーを駆使しているイメージがあったんですが、今回のテスト結果を見てみるともはや自動ブレーキ機能をどういう場面で作動させようと考えて開発しているのかもナゾな「すべての条件で回避率0%」という結果になっています▼

自動ブレーキ性能テスト結果

これは自動運転車の普及が先か、ブレーキアシストに頼らないと危なっかしいような老人から免許を取り上げるのが先か。

とはいえもし将来的に人の飛び出しに対する回避率100%の性能が実現されたとしても、そうなるとそれはそれで問題が起きてきそうです。

たとえば「ひかれないのを分かっているから遊びで飛び出す」なんて度胸試しみたいなことをする若者や面倒な大人は絶対に出てくるでしょう。

そういうのにいちいち邪魔をされていたら道路はかなり混乱すると思います。1台が急停車を余儀なくされたら後続車ももちろんそれに続くわけで。そんなことがあちこちで起きたら今までスムーズだった道も自動運転の時代にはどこも混雑しがちな状態になってしまうかもしれません。

というか、相手がシステムであって感情のあるものじゃないから、歩行者はまるで“歩行者様”状態になって、勝手気ままな横断も当たり前のようになされるようになるかもしれません。そうなったとき、道路交通の秩序は保たれるのか?どうやって保つのか?

この自動ブレーキのテストを通して改めて「自動運転車がバンバン走る世界の実現の難しさ」を考えさせられます。完璧に機能してくれなきゃ危なくて仕方ない。でも完璧に機能するとなればそれはそれで問題が生じる。

う~ん人間社会はやっぱりややこしい。

その他の話題
日本のFXトレーダーに最も使われている海外口座XMが今、全員受け取れる50万円までの入金ボーナスを実施しています。

FX取引口座を開設・ボーナス詳細を見る

口座入金額に対し100%のボーナスが、最大50万円まで付与されます。(例:口座に30万円入金したら資金が60万円になる。50万円入金したら資金が100万円になる)
日本人トレーダーにとって一番信頼と実績のある海外証券会社のこんな大盤振る舞いのプロモーション、お勧めです。

フォローする
成城FX

コメント

タイトルとURLをコピーしました